散歩 新世界界隈 映画 飛田新地

新世界界隈ぶらぶら節-1

2019年10月27日

2019年10月のある土曜日。

文の里商店街にある居留守文庫/みつばち古書部を覘いて、動物園前へ。昨日も寄った古本屋さんの棚やワゴンを一通り眺めてから新世界方面へ。

通天閣近くの「新世界東映」でこれからの上映スケジュールを確認。ここはホームページがないのだ。情報元はツイッターなど個人のSNS。いつもはヤクザ映画と時代劇がメインだが、たまにVHSやDVDにもなっていない訳あり作品が掛かる。

この日の収穫は、11月から一週間上映される、「旅路」と「大いなる驀進」。ともに鉄道員を扱った作品。(もちろん国鉄)鉄道マニア垂涎の作品かどうかは知らないが、鉄キチ(古い!)ならずとも観る価値あり。

「旅路」は、平岩弓枝の原作でNHK連続テレビ小説の第7作目として1967年4月3日から1968年3月30日まで放送された。テレビの人気にあやかった映画化作品。興行成績はどうだったか知りたいところだ。テレビの出演者は横内正、日色ともゑ、宇野重吉ほか。

映画版は佐久間良子、仲代達矢、宮園純子となっている。テレビの「旅路」はもちろん覚えているが、映画になっていたのは記憶がない。この頃のNHK連続テレビ小説は高視聴率だったのだ。前作は樫山文枝、高橋幸治の「おはなはん」で、こちらも茶の間の人気をさらった。この作品も野村芳太郎監督、岩下志麻主演で映画化されている。

このあとも新世界界隈をぶらつき、古くからある絵画屋さんの店先にレトロなブリキ風の看板が売られていたので、立ち止まって見ていると商売熱心な店主が出てきて勧めるので一枚買ってしまう。


新世界も裏通りはあまり観光客もいなくて人が少ない印象

動物園前一番街(飛田本通商店街)に行く途中で、面白いストリートミュージシャンに出くわす。いでたちや演奏曲が、周りの雰囲気にピッタリと溶け込んでいた。思わず引き込まれるインド風音楽。今度会ったらじっくりと聴いてみたい。

動物園前一番街で、一番のおススメスポットは、「ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム (Cocoroom)」だ。この日は、入らなかったが次回の散歩日にはいく予定。
釜ヶ崎芸術大学(ワークショップ) も併設。ホームページもあります。

ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム (Cocoroom)


ココルーム (Cocoroom) の壁の「張り紙」

飛田本通商店街も一番街から二番街に入るとディープさは、さらに深度を増す。

二番街を抜けたところが、飛田新地の大門通りだ。

途中、高架下にいままで気がつかなかった看板を発見。
「南地で三百年此の地で百年 謹んで御礼申し上げます。山吹町会 飛田百年事業実行委員会」イヤー恐れいりやした。

山吹町会(メイン通り)を抜け、飛田新地料理組合の向かいに「永信防災会館」があり、先日2日間にわたり「第7回西成ジャズ オールスターズ夢の祭典」が行われた。

11月には「売野雅勇(作詞家)対 林海象(映画監督)異色トークライブ」が行われるという。「怪人20面相VS名探偵明智小五郎」をパロッた探偵好きの林海象監督らしい東映風レトロポスターが楽しい。


飛田新地の観光マップ―時代は変わっていくなあ

そして、いつものようにあべのマルシェを通り天王寺駅へ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梶トシユキ

このブログの管理人。昭和の風俗やサブカルをこよなく愛する好事家オヤジ。趣味は本屋と古書店そして温泉巡り。動物園前から飛田新地を抜け、旭通(旧あべの銀座商店街)を通り、天王寺まで歩くのが時々の散歩コース。大阪出身。ハンドルネームは、昭和の性豪作家である梶山季之に由来する。東京や大阪に出没。

-散歩, 新世界界隈, 映画, 飛田新地